• HappyBag
  • Xmas Gift
  • Pagong×meets コラボレーション
  • Pagong ladies aloha
  • Pagong ladies collection
  • Pagong mens collection
  • SANJO by Pagong
  • Cordigan
  • making process
  • Pagong dyeing experience

Pagong ネットショップ TOP > All About Aloha Shirts

All About Aloha Shirts

All About Aloha Shirts

アロハシャツといえば、ハワイをイメージする方が多いと思います。
アロハシャツの起源については諸説ありますが、20世紀初頭にハワイへ移住した日本人がアロハシャツの原型となるシャツを着ていたとされています。当時ハワイに移民した日本人の多くはサトウキビ畑や製糖工場の労働者で1902年にはサトウキビ畑労働者の約70%が日本人だったとされています。当時のハワイでは「パラカ」と呼ばれているシャツを好んで着る人が多く、日本の木綿絣に似ているため日本人労働者も好んで着ていました。
貧しかった日本人の中には持参品であった着物をリメイクして「パラカ」風のシャツに仕立てたり、子ども用のシャツを仕立て、それが現地の人の目に入る事で広まり、アロハシャツのルーツになったと言われています。

アロハシャツが文化として発展していく過程で外せないキーワードのひとつが「ムサシヤ・ショーテン」です。1904年に和柄の生地を使用したシャツを生産する会社として創業し「アロハシャツ」という言葉を広告に使用したと記録が残っています。また「エラリー・J・チャン」という人物は1937年に「アロハシャツ」を商標登録し、20年間の独占利用を認められた時代もありました。

アロハシャツは時代により変化を続け、シルク生地から始まり、1950年代まではレーヨン、1960年代にはポリエステルと柄だけなく時代背景に合わせ主流となる素材も変化していきます。
当時のハワイにはアロハシャツを染色する工場は無く、日本で染められた生地も輸入されていました。その中でもPagongがある京都は有名な産地で第二次大戦前後を通して盛んに生産されていました。

アロハシャツはハワイが観光地となっていく過程で広まり、1950年代に最盛期を迎えアロハシャツの生産は砂糖やパイナップルに次ぐ大きな産業となりました。
1960年代に登場したポリエステルはお手入れも簡単で丈夫なこともあり、ポリエステル生地を使用したアロハシャツは加速度的に我々の生活の中に溶け込んでいくことになります。
今ではアロハシャツは世界中の人々の普段着としても愛用され、日本では独自の進化をした「かりゆしウェア」といったものも登場しています。

アロハシャツを愛用されている方の中にはヴィンテージがお好きな方もおられると思います。Pagongは1919年創業の京都の染屋「亀田富染工場」がプロデュースしています。所蔵する和柄の図案を使用し、当時を意識したココナッツボタン、そして京友禅の技法で染め上げた生地を使用したPagongのアロハシャツはそういったお客様にも一度手にとって見て頂きたい大人の逸品となっております。

生地と染め