fbpx
十二支

干支

十二支

十二支が描かれたこの柄は、帯として作られていた物を復刻しました。この中に十二支全部がおります。ご自分の干支はどこにいるか探してみて下さい。

この柄の絵は日本的ではなく中国っぽい絵になっています。おそらく出典は中国の図案からだと思われます。
昔の人はお洒落心があり、例えばこの十二支のうちどれか一つ欠けさせるのです。帯を締めた時、その欠けた動物の帯留めをし、十二支全部が揃うのです。また、帯を締める人自身が欠けている干支の人で、その人が装う事により十二支全部が揃うというわけです。その洒落心には感嘆してしまいます。
この柄には十二支以外に仁獣(じんじゅう:名君の現れる前触れとして出現すると言われる天の使い)である麒麟(きりん)が描かれています。麒麟は想像上の動物で麒麟が現れている時は良い治世の時といわれ、天下泰平を意味しています。十二支が揃い天下安寧(あんねい)を寿(ことほ)ぐおめでたい柄です。

ご自分の干支は見つかりましたか?

 

柄説目次



TOPへ