トップページへ サイトマップ お問い合わせ トップページへ
亀田富染工場について
パゴンのコンセプト
ラインアップ
パゴンの柄について
染め工場と職人
お取り扱い方法
About 京友禅
本店と祇園店
 
 
お問い合わせ
ご購入について
亀田富染工場について
 
京友禅の染屋として先々代亀田富太郎が創業
株式会社亀田富染工場として会社設立
着物の需要のあった時代では100人以上もの職人が染めに従事しておりました。 また、手捺染の他にも機械捺染も行われていました。下の写真は小幅(着物の反物の幅)の機械捺染の様子です。(昭和30年ごろ)
 
 
 
  しかしみなさんもご承知の通り着物人口が減るにつれて業務縮小を余儀なくされ、平成に入ってからは 染めの仕事のうちの100%が洋服地となりました。 
  伝承着物柄を後世に残すため柄のデジタル化に取り組みました。
このころから先人達が残してくれた素晴らしい文化を伝え残していきたい、もう一度蘇らせたいという思いが強くなり、試行錯誤を繰り返しました。
  アロハシャツの原点は日本の着物であると知り、着物で一枚だけを アロハシャツに仕立てました。
  西大路五条の工場の一角にPagong直営店をオープン
  京の風情に充ちた祇園にてPagong祇園店オープン
初めてJR京都伊勢丹で期間限定で販売。
以後、全国有名デパートで期間限定で販売しています。
三条通りにSANJO by pagongをオープン。
スバコ・ジェイアール(JR京都駅・西改札口前)にPagong京都駅店オープン。